働きたくないブログ

とにかく働きたくない現実逃避ブログ

心を強くするザキヤマの名言「スベってチャラ、ウケてラッキー」

以前すばらしい言葉に出会いまして、ついメモを取ったんです。

赤江珠緒の「たまむすび」で発した、ザキヤマことアンタッチャブル山崎さんの言葉です。


ザキヤマとカンニング竹山の真面目なトーク!? - YouTube

ザキヤマ「スベってチャラ、ウケてラッキー」

バラエティ番組に出演する際「スベる怖さはないのか?」と尋ねる赤江さんに対して。

赤江「ひな壇ってね、皆さん一斉に、あの~才能ある皆さんがバーっと出ないといけないわけじゃないですか」
山崎「まあそうですね、うん」
赤江「で、こうスベったりウケたり、いろいろあるじゃないですか、そのときの瞬発力で」
山崎「はいはい」
赤江「心が折れる、とかいう瞬間ないですか?」
山崎「いや、もうないですね~」
赤江「もうないんですか?」
山崎「う~ん、いやだからなんて言うんですか、考え方としては、
『スベってチャラ、ウケてラッキー』っていう考え方なんですよ」
赤江「あ、なるほど」
竹山「赤江さん、多分ね、経験だと思うんですよ」
赤江「ほぉ」
竹山「初めてひな壇座りだしたときはやっぱ怖いですよ、今も怖いんだけど、やりすぎちゃってるかなんかで、スベろうが関係ねえっていう」
赤江「は~」
山崎「そうなんですよ、竹山さんと初めて出会ったのが、よみうりランドっていう所で」
竹山「あはっ、そうだ」
山崎「スベったらバンジージャンプを飛ばされるっていう、地獄のような」
竹山「営業があったのよ」
山崎「営業ですよ、番組とかじゃなくて、一番スベっちゃった芸人がバンジージャンプしなきゃいけないっていう」
赤江「もうお客さんに見せるっていうだけの」
山崎「そう、お客さんに見せるだけなんですけど」
竹山「バンジージャンプ飛ぶのなんか、客なんか見てないよね」
山崎「一番大変なのが、お客さんがいないっていう」
(赤江笑)
山崎「だから見るべきお客さんがいないっていう、舞台の芸人しか見てないっていうような時代に比べればね、スベってバンジーがない、っていうだけでラッキー」
赤江「あ~、なるほど」
山崎「だからハートの強い世代だと思うんですよ」
竹山「いや、そうだよ」
山崎「だからお客さんがいる、誰かが見てくれてるだけでありがたいっていう
書き起こし引用:アンタッチャブル山崎「一般の人のお笑い感に当てて行きたい」 - お笑い芸人のちょっとヒヒ話

 「最低」を知っていると言うこと

僕も、舞台でネタをやることのある人間ですけども、スベることへの恐怖って言うのは大変なものです。自分がコレだ!と思って当てにいったネタが盛大に空振りするっていうのは本当に考えただけでも変な汗が出ますね。

でも、結局考え方次第なんですよね。

笑い声が上がればそれは嬉しいですけど、スベっても死ぬわけじゃないし、何かを失うわけじゃない。元々どん底から来ているんだからスベったって下がらない。むしろ見てくれてる人がいるだけでプラスだと。
いつでも「あのときよりはマシだ」と思える「最低」を知っているということが心の強さを生んでいるんでしょうね。そういう意味ではこの「最低」の経験すら、ザキヤマさんにとってはプラスなのかも。「辛い話は酒の肴」と言える強さですね。

アメトーーク! DVD 9

アメトーーク! DVD 9

 

 

広告を非表示にする