働きたくないブログ

とにかく働きたくない現実逃避ブログ

サラリーマンだけど個人事業をはじてみた

オールカラー 個人事業の始め方

働きたくないとか何とか言いながらも、戯れに事業を始めちゃいました。

最近、サードウェーブコーヒーがブームとか言ってるよね!
ということで、試しにこんな事業を立ち上げてみました。

いわば、ロースター(お店)横断型コーヒーセレクトショップです。

selectcoffee.theshop.jp

お金をかけず、何よりもまずやってみる。

サードウェーブコーヒーブーム=ロースターが主役の時代に

一升瓶 ブルー 1800ml プラスティックキャップ付き

ブルーボトルコーヒーの日本進出を期に、日本でも「サードウェーブコーヒー」ブームが巻き起こっています。
この「サードウェーブコーヒー」ブームって言うのは要するに、

今までは、何となく大手企業の豆や何となく産地とかチェーン店で選んでいたコーヒーは、「お店の個性」で選ぶようになったということ。一つの料理を楽しむように、お店ごとの焙煎を楽しみましょうというムーブメントです。

コーヒーの世界ではお店のことを「ロースター」と呼びます。その名の通り、焙煎する人ということですね。
豆の種類も千差万別ですが、その何万もの豆から取り扱う豆を選び出し、最適に焙煎するのはお店の仕事。
そのお店の仕事次第で、豆の味がいかようにでも変化します。
その個性への敬意なんかも「ロースター」という言葉には含まれていると思うんですね。

そのロースターの個性と自分の味覚が合致するかは、ほとんど運の世界です。
様々なロースターのコーヒーを“飲み比べ”しなければ、理想のコーヒーには出会えないものです。

コーヒー好きが本当においしいコーヒーと出会えない理由

Coffee Hunting Note 100カップログ

しかし、コーヒーを飲み比べるには大変な労力と時間とお金がかかります。

例えば、4つのお店を飲み比べる場合、こんなハードルがあります。

  • 人気のお店は遠くて行けない
  • 豆の単位が最小200グラム~で気に入らなくても飲み切るまで時間がかかってしまう
  • 通販をすると、送料が注文回数分かかってしまいお金がバカにならない
    (例:送料500円×4=2000円→もう300グラム買えちゃうじゃん!)

⇒時間もお金もかかるので、失敗したくない!
 ⇒飲み比べはリスキーだわ!!
  ⇒やめておこう…近場でいいや…。

色々な店を飲み比べるには、コーヒーというものそのものの「サンクコスト」が高すぎるんですね。

ロースター横断型コーヒーセレクトショップでできること

Pen (ペン) 2014年 10/15号 [おいしいコーヒー]

Pen (ペン) 2014年 10/15号 [おいしいコーヒー]

 

 

このショップではそんなコーヒー好きの悩みを解消すべく、
様々なロースターで焙煎されたコーヒー豆を、店長(私)が一生懸命買い付けて、飲みきりサイズの小パックにアレンジしてお届けします。
一度に複数のロースターのコーヒー豆にトライできるので抜群にオトクです。

注文が入れば、私店長ツトムが泣きながら買い付けてパッキングするので、是非一度お試しください!
是非、あなた好みの一杯に出会ってください!

ちなみに、全国のあらゆるロースターのコーヒー豆を、入手可能な限り取り扱い可能ですので、リクエストいただければ、ショップでの取り扱いや既存パッケージの内容変更も可能ですよ。

BRUTUS特別編集 もっとおいしいコーヒーの進化論。 (マガジンハウスムック)

BRUTUS特別編集 もっとおいしいコーヒーの進化論。 (マガジンハウスムック)

 

 

広告を非表示にする