働きたくないブログ

とにかく働きたくない現実逃避ブログ

大塚家具、優勢だった父の敗因は「ペラッペラな中身」

社長解任 株主パワーの衝撃 (Mainichi Business Books)

大塚家具の件が先週の金曜日から大層盛り上がってまして、週明けの今週には一斉に朝のワイドショーが取り上げていましたね。

この件は、「どうでもいいけど、面白い」っていうバラエティ番組の必要要素が満たされた、近年まれに見る優良コンテンツなので、安心してみていられるところがとても楽しいですね。正直、大塚家具がどうなろうが直ちに生活に影響はありませんし、家具を買う際にも無ければ無いでほかの店で買うだけの話ですし、仮に無くなっても全く問題ありませんから。

結果的には、優勢と報じられていた父が敗北し、現経営者である娘の勝利という形で決着しました。
ワイドショーでもその内容がかなりの筒抜け状態で報じられており、もはや面白おかしくという表現がぴったりでした。

池井戸潤さんが早速次回作のネタにすることは間違いないでしょう。
ドラマ化の際のセットには是非大塚家具を利用してもらいたいものです。

ようこそ、わが家へ (小学館文庫)

ようこそ、わが家へ (小学館文庫)

 

 

父か娘か「どっちがマシなのか」を決める泥仕合

地獄のババぬき 『このミス』大賞シリーズ

さて、優勢だった父が何故負けたのか。

様々なメディアで分析が行われておりますが、ホントのところこれしかないと思うんですね。

「どちらがより薄っぺらかったか」

以上です。

メディアでは、父は高級路線で娘はカジュアル路線みたいな、単純な対比軸で語られていましたが、正直、株主にとってそこの戦略はほとんど重要ではなかったように思います。株主の関心事は唯一つ、「どっちが経営した方が儲かりそうか」でしかありません。

高級路線かカジュアル路線かなんて本質的にはどうでもよくて、具体的に「どうやっていくら儲けるのか」をリアルに語れるのはどっちかということが議論されるべき事項なのです。

その点については、両者ともに不足感は否めません。
高級路線かカジュアル路線かという二元論で語られてしまい、どちらに多くの市場があって、どうリーチしていくのかという具体的な点がほとんど議題になりませんでした。つまり、両者ともに具体性が全くない中で選ばなければいけない、

「どっちもババだけど、片方がカラー印刷」

みたいな究極のババ抜き状態に株主は置かれてしまいました。
そうなると、もはやどちらがマシかという判断しか下せないですよね。

地獄のババぬき (宝島社文庫)

地獄のババぬき (宝島社文庫)

 

 

父が自ら示した昭和の遺物感

人間、やっぱり情でんなぁ

その点、父陣営は戦略を間違えました。
父は、株主総会の場で「情に訴える作戦」を取ったのです。

これは完全に逆効果でした。
娘を一方的にこき下ろすだけで、どこがダメなのか、何故ダメなのか、どうして自分がふさわしいのかが全く見えてきません。「娘は難産で大変だった」とか、「自分は30年経営してきた」とか、「社員がかわいそう」とか、そんなの株主的にはどうでもいいんですね。

大事なのは、「あなたを選ぶとどうやっていくら儲けられるのか」なのです。
過去の栄光とかどうでもいい。この先任せて大丈夫なの?っていうところがポイントだったのです。

過去の栄光にすがり、他人をこき下ろすというプレゼンテーションは株主の芯を完全に外しました。さらに、母が出てきて事態は悪化。完全にババアは黙ってろ状態に突入したのです。株主の多くは思ったことでしょう。「ああ、なんだ結局高度経済成長の波に乗って、強運と気合で乗り切ってきた人なんだな」と。

そして、
「正直どっちもパッとしないけど、この父じゃダメなことだけは分かる」
という共通認識が株主に生まれ、めでたく浮動票の80%以上が娘側につくという結果になったのです。株主のニーズも捉えられない経営者に顧客のニーズが分かると思えないので。

世界一わかりやすいマーケティングの本 (East Press Business)

世界一わかりやすいマーケティングの本 (East Press Business)

 

 

冒頭でも申し上げたとおり、大塚家具がどうなろうが正直知ったこっちゃないので、ただただ楽しませていただいたわけですが、「上場企業の事業継承を個人事業の延長レベルでしか捉えられない人が上に立つと、どんな悲惨な末路が待っているか」というモデルケースを示したという点で、非常に良いサンプルになったのではないかと思います。

 

失敗しない廃業・事業承継のしかた事典

失敗しない廃業・事業承継のしかた事典

 

 

広告を非表示にする