働きたくないブログ

とにかく働きたくない現実逃避ブログ

ウェイウェイすることをコミュニケーション力だと勘違いしている人へ

BEST PARTY PEOPLE!!! mixed by DJ MAGIC DRAGON feat. イルマニア

仕事柄、社内外の様々な人と話をしていると、特に若手の営業さんに多いのですが、「この人は明らかにウェイウェイスキルで採用されたんだろうなあ」っていう人がいます。

もちろん、誰とでもウェイウェイできる能力というのは活きる場面も多いし、あって困ることは無いのですが、それが出来ることを「コミュニケーション力」とだ勘違いしている人がすごく多いのではないかなと思います。

それは確かにコミュニケーション力のひとつではあるのですが、全てではない。それはいわば、「ウェイウェイ力」であり、真の「コミュニケーション力」ではないのでは無いかと思うのです。

特にこれから新卒採用面接に挑む人に伝えたいこととして、自分の長所として「コミュニケーション力」を語るなら、ウェイウェイした飲み会スキルだけじゃなく、もっと深いところの「コミュニケーション力」を意識して磨いてもらえると、先輩社会人としては嬉しい限りなのです。

仲良くウェイウェイするだけじゃない「コミュニケーション力」に必要なスキル

①自分が理解できていないことを自覚する力

私の経験から言って、「ウェイウェイ力」で内定を勝ち取ってきた社会人は、「長いものに巻かれる力」が強く、返事だけは異常に良い傾向があります。この「返事だけは異常に良い」という状態は、他人と仕事をしていく上で大変危険だと思います。

それにより当然起こりうる問題としては、理解しないまま仕事を進めて見当違いのアウトプットを出してくるということがあげられます。しかし、それ以上に、上司や取引先から見て、「理解していないことが伝わらない」ということの方が問題です。

よくあるビジネスの場で発生する考慮漏れや、調整忘れなどは、多くの場合、分かったフリをした担当者が思い込みで仕事をした結果だったりします。

また、こういう分かったフリをする社会人は、上司の適切な指導や軌道修正が受けられず、成長スピードも遅かったりします。
雰囲気で分かった気にならず、まずは理解出来てないないことを自覚してください。

②理解するための質問を繰り出す力

理解できていないことを理解した上で、次に理解できるようにする作業が必要です。その手段が「質問」です。

しかし、何しろ理解できていない分野なので、何を聞けばいいか分からないという状況も発生します。そこで必要とされるスキルが「適切な質問をするスキル」です。

どこが理解できていないか、何を知りたいかを言語化し、それを導き出すための質問をするという高度なスキルです。非常に難しいことですが、就活で「コミュニケーション力」を売りにするなら出来ていて欲しい部分です。

③自分なりに概念化して腹に落とし込む力

質問をし、理解に必要な情報が引き出せたら、次はそれを深く理解する力が必要です。

それをするためには、自分が理解しやすい言葉に置き換えて落し込む言語能力が必要です。これは外に言葉を発するものではありませんが、これもコミュ力の1つです。

理解の深さは仕事の深さだと考えて、このスキルを身につけてください。

④それを誰かに説明する力

仕事である以上、インプットした情報はアウトプットしなければいけません。

つまり、説明する力が必要です。ここで言う説明というのは、TEDのスーパープレゼンテーションのような素晴らしいプレゼンが出来ることでは有りません。誰にでも分かりやすい言葉で、短く端的に説明を行うことが出来るということです。深く理解した内容を、不要な部分はそぎ落として的確に相手に伝える能力。それこそが、コミュニケーション力の真髄ではないでしょうか。

まとめ

ウェイウェイ言って楽しくなるだけがコミュ力じゃないし、逆にウェイウェイしたノリが苦手な人でもコミュ力をアピールして良いんです。

会社によって必要とされるコミュ力のカテゴリは変わります。中には仕事力より飲み力や宴会スキルが必要な職場もあるでしょう。一方で、上で挙げたような内容のスキルをコミュ力として評価する職場もあるのです。

自分に合っているのはどちらなのか、これから受ける会社はどちらの傾向なのかを冷静に見極めて、後悔しないマッチングに努めてほしいなと。で、できれば自分の部下にはウェイウェイだけじゃない子が来て欲しいなと思います。

 

伝える力 (PHPビジネス新書)

伝える力 (PHPビジネス新書)

 

 

広告を非表示にする